農家・5人家族の相続問題

相続では家族の様々な過去のしがらみやお互いの想いがぶつかり合うようです。

例えば、こんな話がありました。
父は農業を営んでいたが10年前に死亡。
それ以降、母と長男と長男の嫁が農業を継いでいた。
(母と長男夫婦、その子供は同居)

長女は他家に嫁ぎ専業主婦。
次男は東京に出て会社を経営。
今回、母が死亡し、相続が発生した。

財産は、母が父からのものを全て相続していた為、農地と宅地であった。
さて、相続のことで話し合いが持たれた。
長男「遺産は全てオレがもらう」
次男「なんでそんな言い方をするんだ」
長男の嫁「そうよ、それじゃ身も蓋もないでしょ」
長男「もともと父からの農業を継いでいるのはオレだ。
   オレが相続しなけりゃこの家はなくなる」
長女「・・・」
ここで次男は冷静に考えた。
次男の心の中はこうです。

・このまま行けば争いになってしまう
・本来自分の相続分は1/3あるけど、それを言えば姉も同じ意見になってしまう
・財産と言っても農地と宅地で分けようがない
・兄も農業を継いで頑張ってきたのは偉い
・自分が気ままに生活してきたのは母と兄のお陰もある
・もし、ここでもめたらオレは一生この家に戻らなくなるだろう
・母は「兄弟仲良く」を望んでいた
・母の介護で大変だったのは兄の嫁さんだ
・しかし、あの言い方は気に入らない
・オレは財産いらないけど、まあ今は黙っていよう

そして、この場は何となく嫌な雰囲気で終了しました。
後日、長男の嫁が次男に謝って来た。

長男嫁「先日は本当に申し訳ありませんでした。

主人は別に独り占めするという事ではなく、お父さんを継いでいるという意識が強く出てしまったようです。
私もあの後強く主人に意見しておきました。後日主人から連絡させます」

次男「まあ、オレも兄とお姉さん(嫁)には感謝していますよ」

 

さて、この相続はどういう結末になったでしょうか?

結末は次回のブログでご紹介しますが、ぜひ考えてみて下さい。

そして、なぜこのような事例をご紹介したかというと、

「習うより慣れろ」

ではありませんが沢山の事例に触れることが大きな学びにつながるからです。
現場でのお客様へのコンサルティング力のアップに繋がるからです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です